東京でデリバリー・宅配用バイクをレンタルするならココ!保証・サポート内容も手厚いおすすめのサービスを紹介します!

おすすめの宅配バイクレンタル3選! ※2輪バイクを1か月レンタルした場合の比較(月の走行距離は1,000kmとする)

イメージ

おすすめ

ワンデリー

おすすめ

Hondaのお仕事用サブスク

おすすめ

テイトレンタルシステム
会社名ワンデリーHondaのお仕事用サブスクテイトレンタルシステム
車両代18,920円17,500円17,600円
車両保険(自損)1,650円2,200円× 非対応
BOX代0円× 非対応5,500円(初月のみ)
基準走行距離1,200km/月まで無料
※1,200km以降は別途費用発生
700km/月まで無料
以降100kmにつき、1,500円
1,000kmの場合+4,500円
2,000km/月まで走行可能
※2,000km以上は走行不可
月額料金合計20,570円
全てコミコミで18,570円!
※現在キャンペーン中
24.200円
※BOX非対応
23,100円
※車両保険非対応
お問合せ公式サイトはこちら045-530-4545公式サイトはこちら公式サイトはこちら0120-819-439

【東京】おすすめのデリバリー・宅配バイクのレンタルサービスを紹介します!

2020年に流行した新型コロナウイルスにより、飲食店の経営が厳しくなりました。中には閉店してしまったお店もありますが、そんな中でフードデリバリーを導入し、売り上げを伸ばしている飲食店もあります。

しかしいきなり始めるには、

・導入費が高そう…
・レンタルバイクの利用料は?
・お客さんの集客方法は?

など、初めてのことなので分からないことばかりですよね。そこでこのサイトでは、

・フードデリバリーの導入方法
・レンタルバイクのメリット・デメリット
・レンタルバイクの導入する流れ

などをわかりやすく解説しています。他にも「レンタルバイク会社の選び方」「デリバリー用バイクの種類」などについても言及しています。

またWebアンケートに基づいておすすめの業者をでまとめました!詳しく知りたい業者があれば、ホームページをチェックし、相談や問い合わせをしてみてください。

フードデリバリーの導入で飲食店の売上アップ間違いなしです!

おすすめの宅配バイクレンタルサービス!

ワンデリーの画像1
おすすめポイント:コミコミ料金で安いだけでなく、保守メンテナンスや故障時の対応が良いと評判

ワンデリーは飲食店向けのサービスが充実していて、大手レストランチェーンにも採用されている実績があり、利用コストを削減できるEVバイクの導入でも注目を集めています。

法人だけでなく、個人フードデリバリーにも支持されているのが車両保険が完備していて保険内容が充実しているという点。万が一の故障時にも営業負担が最小になるよう自社レッカーでの引取りや無料代車にも対応しています。

ワンデリーの強み

最短3営業日で利用スタート!電話1本でネット決済、即日納品できるなど柔軟な対応!
1ヵ月単位で縛りなく利用できる点も魅力的!

ワンデリーの基本情報

料金 ・Aタイプ2輪デリバリー仕様:18,920円/月
・Bタイプ2輪デリバリー仕様ルーフ付:23,100円/月
・Cタイプ3輪デリバリー仕様ルーフ付(ジャイロキャノピー):26,400円/月
・Dタイプ軽自動車バン:37,950円/月
・ミニカータイプ3輪デリバリー仕様ルーフ付(ミニカー登録済みジャイロキャノピー):29,700円/月
・EcoタイプEVバイク3輪デリバリー仕様33,990円/月
※月額費用内に任意保険料も含まれます。
1ヵ月単位で利用できるサブスク料金から長期的に利用できるプランまで幅広く提供!
現在、キャッシュバックキャンペーン中!
『キャンペーン料金詳細はこちら』
規定走行距離 月間1,200km
サポート ・全車両自賠責保険加入済み、任意保険代理店
・全車両フルメンテナンス、自社レッカーサービス、代車無料
対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
※その他大阪府・神戸市・京都市・福岡県順次拡大中
問い合わせ先 ・電話でのお問い合わせ「045-530-4545
・簡単申し込みはこちら
会社所在地 ・株式会社ティーオーティー
〒224-0064 横浜市都筑区平台1-16
Hondaのお仕事用サブスクの画像1
おすすめポイント:保険・メンテナンス込みで安心サポート

Hondaのお仕事用サブスクは東京23区限定で、初期費用・解約手数料なしで最短1ヶ月から利用することができます。

免許とクレジットカードでWEBで完結することができ、バイクは無料で自宅に届きます。

「ナンバープレート」「自賠責保険証」の書類も簡単にダウンロードできて、保険やメンテナンス込みの充実サポートとなっています。

Hondaのお仕事用サブスクの強み

保険やメンテナンス、コールセンターによるサポートなど込みの料金

Hondaのお仕事用サブスクの基本情報

料金 無料走行距離0km/月 タクト・Dun¥14,500/月 Dio110・リード125・PCX¥21,500/月
無料走行距離700km/月 タクト・Dun¥17,500/月 Dio110・リード125・PCX¥24,500/月
無料走行距離 2,000km/月 タクト・Dun¥32,500/月 Dio110・リード125・PCX¥39,500/月
サポート ・メンテナンス費用 (オイル交換、消耗部品交換、定期点検)
・コールセンターによるサポート
・保険 (対人、対物、人身傷害、ロードサービス)
・税金
対応エリア 東京23区
問い合わせ先 ・問い合わせ…問い合わせフォーム
・申し込み…会員登録後、申込
会社所在地 本田技研工業株式会社
〒107-8556東京都港区南青山2-1-1
おすすめポイント:環境配慮型のバイクで環境負担の軽減を推進している

テイトレンタルシステムは手続きはFAXやメールで行うことができるので、来社する必要はありません。自賠責保険・任意保険・フルメンテナンスサービス込みで、納車日、引き上げ日はオーナーが決めることができます。

環境配慮型のレンタルバイクで、排気ガスを出さない電動車への乗り換えを促し、石油資源の保護、環境負担の軽減を推進しています。また環境にいいだけでなく、利用者への大幅なコストダウンを実現しています。

テイトレンタルシステム(帝都産業株式会社)の強み

手続きはFAXやメールで行うことができるので、すぐにレンタルしたい人におすすめ!

テイトレンタルシステム(帝都産業株式会社)の基本情報

料金 ・ギアパーキングスタンド:17,600円/月
・プレッサ:20,900円/月
・ジャイロX:26,400円/月
・ジャイロキャノピー:28,600円/月
・ジャイロUP:41,800円/月
サポート ・自賠責保険へ加入済み(任意保険の取り扱いあり)
・消耗・老朽による修理・交換は無償で完全フルメンテナンス
対応エリア 東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・神戸市・京都市・愛知県・三重県・岐阜県南部・静岡県西部
問い合わせ先 ・申し込み…FAX・専用フォーム
・問い合わせ…電話
会社所在地 ・帝都産業株式会社
〒192-0352 東京都八王子市大塚499-1
ジャパンデリバリーサービスの画像1
おすすめポイント:保険料や保守整備費はレンタル代に含まれているのでお得

ジャパンデリバリーサービスはバイクを通じて社会に貢献し、バイクで人々に喜びを与えることをモットーに、社会に必要とされる企業を目指しています。会社の成長と発展につなげるため、技術を学ぶことができる環境を整え安全や教育にも力を入れています。

レンタルバイク以外の車両の保守管理も対応可能で、メンテナンス契約で定期巡回点検を行っています。24時間365日のサービス対応で、安全に対する高い意識を持つメカニックが保守を担当しています。

ジャパンデリバリーサービスの強み

24時間365日レスキュー対応なので突然のトラブルにも対応できる!

ジャパンデリバリーサービスの基本情報

料金 ・キャノピー:26,400円~/月
・キャノピーミニカー仕様:27,500円~/月
・GEAR:17,600円~/月
・GEAR・ルーフ付:23,100円~/月
・ホンダ・エックス:23,100円~/月
・ヤマハPASギアU2輪:9,900円~/月
規定走行距離 月間1,000km
サポート ・全車両自賠責保険、自動車保険、軽自動車税、定期巡回点検が付帯されている
・ロードサービスあり
・リヤBOX、出前機の装着:1,100円~
対応エリア 関東地方・兵庫県・京都府・大阪府・福岡県・佐賀県
問い合わせ先 ・申し込み…電話・専用フォーム・FAX
・問い合わせ…電話・FAX・専用フォーム
会社所在地 ・株式会社ドッグファイトレーシングジャパンデリバリーサービス
〒271-0061 千葉県松戸市栄町西4-1195-4
おすすめポイント:必要なときに電話1本で車両が届く簡単納車システム

レスコムは10年以上のメンテナンス経験を持つ、バイクの整備会社より誕生した企業です。整備の基本は工場でおこない代車の提供は、リアルタイムでスムーズなサービスの提供を可能としています。

二輪メンテナンスとレンタルシステムとの融合により、企業や店舗にとってメリットのあるビジネスバイク運用システムです。長期利用なら無料メンテナンスなど、ビジネスユーズを考慮した、画期的なバイクレンタルサービスです。

レスコムの強み

10年以上のメンテナンス経験があるので事故などのトラブルを減らしたい人におすすめ!

レスコムの基本情報

料金 ・ギア2サイクル:390円/日、12,285円/月
・ギア4サイクル:440円/日、13,860円/月
・ギアルーフ2サイクル:530円/日、16,695円/月
・ギアルーフ4サイクル:580円/日、18,270円/月
・ホンダジャイロ×2サイクル:490円/日、15,435円/月
・ホンダキャノピー2サイクル:580円/日、18,270円/月
サポート ・全車両自賠責保険、自動車保険へ加入済み
・無償メンテナンスあり(消耗・老朽化)
・定期点検あり
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
※2021年3月現在、関西エリアのみ対応
問い合わせ先 ・申し込み…FAX・専用フォーム
・問い合わせ…電話・専用フォーム
会社所在地 ・株式会社 東洋システムサービス
〒577-0012 大阪市東大阪市長田東5丁目2番29号
おすすめポイント:3ヶ月分を一括支払いで1か月目から付属品と納車料が無料

FPバイクレンタルは、ただ安いだけではなく、3ヶ月以上のご契約で付属品のレンタル料が無料になります。更に初回に3ヶ月分を一括で支払うと、1か月目から付属品と納車料が無料になるサービスがあります。

1日1台からでもレンタル可能で、最短即日レンタルや繁忙期の故障など、急な時にも対応しています。安心安全のサービスネットワーク体制があり、メンテナンスや各種保険も万全なので、安心して利用できます。

FPバイクレンタルの強み

1日1台からレンタルできるので、レンタル台数を細かく調整したい人におすすめ!

FPバイクレンタルの基本情報

料金 ・ジャイロキャノピー:31,900円/月
・ジャイロX:28,600円/月
・ジャイロUP:29,700円/月
・ギアパーキングスタンド屋根付:24,750円/月
・ギアパーキングスタンド:21,450円/月
規定走行距離 1000km契約……50km超過毎に300円増から(使用条件により異る)
サポート ・全車両自賠責保険、自動車保険へ加入済み
・無償メンテナンスあり(消耗・老朽化)
・定期点検あり
対応エリア 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
問い合わせ先 ・申し込み…FAX・専用フォーム
・問い合わせ…電話・専用フォーム
会社所在地 ・株式会社 Tricycle
〒142-0054 東京都品川区西中延1-2-32

おすすめの宅配バイクレンタル一覧表まとめ

イメージ
会社名ワンデリーHondaのお仕事用サブスクテイトレンタルシステム(帝都産業株式会社)ジャパンデリバリーサービスレスコムFPバイクレンタル
特徴・月々込々定額で月/18,150円~スタートできる
・面倒な手続き不要、メンテなナンスフリーで即日導入可能
初期費用・解約手数料なしで最短1ヶ月から利用可能
Hondaのバイクを自宅までお届け
3ヶ月以上のレンタルは、3ヶ月目から付属品レンタル料は無料・保険、税金、保守、登録手続きなど面倒は一切不要
・ガソリン代や駐車場など導入後のコストも大幅削減
・電話一本で車両が届く簡単納車システム
・初期コスト0円で修理費不要コストダウン
本社整備工場を中人に、サービスステーション、全国連携工場のサービスネットワーク体制
料金・ジャイロキャノピー:24,750円/月
など
原付/月額¥14,500~(税込)など・ジャイロキャノピー:26,000円/月
など
・ジャイロキャノピー:26,400円~/月
など
・ジャイロキャノピー:18,270円~/月
など
・ジャイロキャノピー:28,600円/月
など
自賠責保険




車両保険1,400円~/月不明なし1,800円~/月1,500円~/月問いあわせ必須
過失・盗難などの
トラブル時
プランにより免責が発生するオプション安心サポートパック 月額 ¥2,200円(税込)加入により免責有償プランにより免責が発生するプランにより免責が発生する保険適用なし
無償メンテナンス× (プランによって変動)
定期点検不明〇(訪問型)〇(訪問型)
対応エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
※その他大阪府・神戸市・京都市・福岡県順次拡大中
東京23区東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・神戸市・京都市・愛知県・三重県・岐阜県南部・静岡県西部関東地方・兵庫県・京都府・大阪府・福岡県・佐賀県東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
※2021年3月現在、関西エリアのみ対応
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
会社所在地〒224-0064 横浜市都筑区平台1-16〒107-8556
東京都港区南青山2-1-1
〒192-0352 東京都八王子市大塚499-1〒271-0061 千葉県松戸市栄町西4-1195-4〒577-0012 大阪市東大阪市長田東5丁目2番29号〒142-0054 東京都品川区西中延1-2-32
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

デリバリーサービスってどう思う?アンケートで大調査!


広がるデリバリーや宅配の需要により、導入を考えている飲食店は増えています。売り上げアップにつなげるためにも上手に取り入れたいところです。

しかし、導入費用や集客の方法を新たに考える必要があるなど、気になるポイントもいっぱい。そこで飲食店で働いている方や経営されている方を対象にこんなアンケートをしてみました。

「デリバリー(配達)サービスを提供していますか?」という質問をしたところ、「はい」と答えた方は20%、「いいえ」と答えた方は80%でした。

なぜサービスをおこなっていないのか、ここで「いいえ」と答えた方のみに選択した理由も聞いてみました。

デリバリー・宅配に対応していないのは「人件費の問題で不可能なため」と答えた方もいましたが、「需要がないため」、「サービスを提供する必要性を感じていない」という回答が複数ありました。

需要がない、必要ない。そんなことはありません!

実は今、フードデリバリーサービスの需要は拡大傾向にあります。なぜならデリバリーを含む中食産業の需要自体、毎年増加傾向にあるからです。

中食(中食産業)とは、家庭で調理したものを食べる内食やお店で食事をする外食とは違い、調理加熱せずに食べられる市販の食品を家庭や職場などで食べることを指します。そしてこの中食産業は2019年に7兆円を超える市場規模になり、今後もますます拡大すると予想されています。

中食産業が伸びているのにはさまざまな理由があるかと思いますが、やはり共働き家庭が増えたことが理由の一つと言えるのではないでしょうか。自宅でゆっくり調理したり、食べるのに時間をとることができない方は多くいます。

「調理はできなくても家族と一緒に食事を摂りたい」、「家でゆっくりおいしいものを食べたい」。中食はそんなニーズに応えることが可能です。

そしてデリバリー・宅配サービスは、重要な中食産業を一つとして忙しい現代人の大きな味方になるでしょう。

また、感染症対策の一環で在宅勤務が増えた方もいます。インフルエンサー、芸能人、医療関係者など職業柄外出するのが難しい方にもデリバリーや宅配サービスは非常に喜ばれるのではないでしょうか。

幸い、デリバリーの導入に初期費用があまりかからない、保証サービス付きのレンタルサービスもあります。当サイトではメリット・デメリットや導入の流れなどをご紹介しています。

これから導入を考えている方の役に立つ情報を掲載していますので、ぜひチェックしてみてください!

【フードデリバリー市場の動向】今後はどうなる?


【フードデリバリー市場の動向】今後はどうなる?
2020年の新型コロナウイルスの拡大により、外食市場は大きな痛手を受けました。中には廃業した飲食店も多いですが、その中で急速に発展し続けているのが、フードデリバリー市場です。

客席が少ない、飲食店の立地が悪いなどの理由で売上が著しい会社が、フードデリバリーを利用することで、売上を何倍にも伸ばすことに成功した飲食店もあります。ここでは近年のフードデリバリー市場を考察しつつ、今後の見通しについて解説していきます。

フードデリバリー市場は大きく拡大!

日本のフードデリバリー市場は、2015年から右肩上がりで成長していきました。2015年のフードデリバリー市場は約3,564億円だったのが、2018年には約4,084億円と前年比の5.9%増で2015年から約14.6%増加しています。

この背景にはスマホが普及されたことによる注文の簡略化で、デリバリーサービス自体が急激に進化したことが挙げられます。これまでは出前を頼むとなると、メニュー表を自宅保管しておかなければならず、注文から宅配まであいまいな時間しか分かりませんでした。

近年ではスマホの普及により、知らないお店でもメニューを見ることができ、宅配までの時間が正確にわかるようになったのが、市場の拡大に大きく影響しています。また到着の状況をスマホが確認でき、ストレスなく到着を待つことができるのも市場が拡大した1つの要因です。

今後市場はさらに拡大

現在デリバリーサービスは、スマホの操作になれている 10代~30代の利用が中心ですが、高齢者へのスマホ普及率のアップを背景に、これまで以上に幅広い年齢層がデリバリーサービスを利用するようになります。

現在日本国内で総合型アプリが多く利用されているが、近年新たな海外発の総合型アプリの進出も目立ってきました。大手企業が展開している首都圏エリアを避け、中核都市に狙いを定めてシェアを伸ばしています。

大手の外食企業を中心に自社独自のサービスとしてデリバリーを提供するケースも増えてきました。企業独自の専門型アプリを提供する外食企業が、総合型アプリにも加入し、利用者を拡大しているケースもあるので、今後もデリバリーサービス市場は拡大し続けるでしょう。


・フードデリバリー市場は大きく拡大
・スマホの普及で今後も市場は大きく伸びる
・独自のアプリでデリバリーを提供する飲食店も増える

【レンタル・購入・リースを比較】選ぶならどれ?


【レンタル・購入・リースを比較】選ぶならどれ?
飲食店でデリバリーサービスを行うとなれば、バイクが必要になります。バイクを導入するには大きく分けて、レンタル、購入、リースの3種類があるので、ここではそれぞれのメリット・デメリットとおすすめを紹介します。

レンタルのメリット

レンタルの最大のメリットは導入費用を抑えることができる点です。月々1万円~2万円で導入することができるので経費処理の利便性が向上します。また購入、リースと違ってレンタルの場合、自由に返却することができ、返却の負担がありません。

購入、リースと違い、レンタルは電話一本で導入することができるので面倒な手続き不要で導入することができ、繁忙期にレンタル数を増加、閑散期にレンタル数を減少させるなど、時期に合わせて増減させることで、費用の無駄を省くことができます。

レンタルの場合、保守、整備、保険などがレンタル料に含まれている場合が多いので、費用の固定化と運営の手間を削減することができます。店舗に訪問する巡回点検や、引取り納車などを行っているレンタル会社もあります。

レンタルのデメリット

レンタルのデメリットは長期間の導入となると、購入やリースよりも割高になります。短期間であれば、費用を抑えて即導入ができますが、3年以上の長期的な利用を考えているなら、の購入やリースを検討するようにしましょう。

また購入やリースであればお金を払った分、手元にバイクが残りますが、レンタルはいつか返却をしないといけないので、いくらお金を払っても最終的には手元に残らないというデメリットもあります。

購入のメリット

新車の購入であれば、外観的に美しいバイクを手に入れることができます。レンタルでは年末年始などの繁忙期はレンタルができないことがありますが、新車であれば大量注文にも対応可能です。

中古の購入であれば、導入時の初期費用を抑えることができます。導入初期のトラブル発生が少なく、新車であればメーカー補償付きというメリットもあります。

購入のデメリット

購入のデメリットは、レンタルと比べて初期費用が高額です。バイクを購入した場合、デリバリーサービスを開始したときの初期費用を回収するのが難しくなります。

減価償却が終わる前に車両の老朽化が始まってしまい、メンテナンス等は自分で管理する必要があります。保守管理、税金保険処理、減価償却など面倒な経理処理があります。近年バイクの需要増加により、中古のバイクの価格が高騰しているデメリットもあります。

リースのメリット

リースは、バイク購入時に頭金などのまとまった資金を用意する必要はありません。リース期間を延長し継続してバイクを使うなど、使用者の状況に合わせた支払い方法を選ぶことができます。また契約期間終了時にオプションの選択が可能です。

常に最新のバイクに乗りたい方に適しており、新たにリース契約をして新車に乗り換える場合、以前のリース車は残価を支払わずに売却することができます。返却せずに残価を買い取り自分の所有車として使用することも可能です。

リースのデメリット

リースのデメリットは、リース契約期間終了後はリース会社へ返却しなければならず、契約者の財産にはなりません。リース期間中据置となる残価に対して手数料が形状されるため、買い取った結果としてオートローンよりも支払い総額が割高になります。

事故などでバイクを傷つけてしまった場合は、リース期間終了時の残価が予定額を割り込むことがあり、その場合は差額を一時的に支払う必要があります。

おすすめなのはレンタル

一番のおすすめはレンタルです。レンタルであれば初期費用を抑えてレンタルバイクの導入ができます。電話一本で利用できるので、突然の状況でも迅速に導入することができます。

時期に合わせて経費を削減できるので繁忙期にバイクが足りない、閑散期にバイクが余っているということはありません。税金、保険、点検整備料、部品代などかかる費用を固定化できるので、経費の管理が簡単になります。

点検や部品交換、メンテナンスなどもレンタル会社が定期的に行うので、老朽化によるトラブルなどを避けることができます。試しにデリバリーサービスを始めてみて、売上が伸びなかったらやめるということもできるので、レンタルがおすすめです。


●レンタル
・メリット:導入費用を抑えることができる
・デメリット:3年以上の利用であれば、購入、リースの方が安い
●購入
・メリット:外観の美しい新車のバイクを手に入れることができる
・デメリット:減価償却が終わる前に車両の老朽化が始まってしまう
●リース
・メリット:使用者の状況に合わせた支払方法を選択できる
・デメリット:リース契約期間終了後はリース会社へ返却しなければならない
●一番のおすすめは初期費用が安いレンタル

【レンタルするならどのバイク?】おすすめのバイクをチェック!


【レンタルするならどのバイク?】おすすめのバイクをチェック!
デリバリーバイクを選ぶ際、どのような目的で購入するかはとても重要です。「自分に合ったバイクにカスタムをして乗りたい」「宅配をするために荷物をたくさん積める車両がほしい」などバイクを利用する目的は人によって異なります。

どのような目的でバイクに乗るかによって選ぶ基準が変わります。そこでここではデリバリーバイクの特徴を紹介します。

GEARギア(ヤマハ)


GEARギア(ヤマハ)は歴史が古く、 2ストから4ストまであります。ワイズギアからルーフキットが販売されているので、オプションで屋根付きのギアカスタムに変更することも可能です。

荷台の幅が広いので大型のリアボックスを搭載することができます。ジャイロシリーズよりも安価で新車で約21万円、中古車は約10万円~15万円程度です。一番の問題は安定性で突風は吹くと転倒に繋がる点は注意です。

画像引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/gear/

GYROCANOPYジャイロキャノピー(ホンダ)


GYROCANOPYジャイロキャノピーは屋根のついたデリバリーバイクです。大きな特徴としては、ワイパーのついたスクリーンとワンタッチのパーキングシステムです。

屋根が必要である人はルーフ付として長く販売されているGYROCANOPYジャイロキャノピーが一番おすすめです。

しかし車体のみでも定価57万円で、4ストの中古車両は35~45万円相場と少々高額です。

画像引用元:https://www.honda.co.jp/news/2017/2170822-gyro.html

GYROXジャイロX(ホンダ)


GYROXジャイロXは大まかに説明すると、ジャイロキャノピーからルーフを取った車両です。3輪のバイクなので安定性抜群で搭載と走行性を重視したいならおすすめの車両です。新車は比較的安い36万円で、中古は15万円~25万円です。

画像引用元:https://www.honda.co.jp/GYROX/type/

BENRYベンリィ(ホンダ)


BENRYベンリィはホンダが発売した 2輪のデリバリーバイクです。荷台の幅は大きくジャイロシリーズと同じリアボックスを乗せることができます。搭載力に優れ、各種サービスの配達にも柔軟に対応できる1台で50cc・110ccの排気量が異なる2つのモデルがあります。

画像引用元:https://www.honda.co.jp/BENLY/type/

CUBカブ(ホンダ)


CUBカブは、昔からある宅配用バイクで、新聞屋さんや郵便屋さんが愛用しています。しかし整備に関しては普段からチェーン調整や空気圧を良くチェックする必要があり手間が多いので最近はあまり使われなくなりました。

燃費がいいのがメリットですが、荷台には小さいボックスしか取り付けることができず、車両価格も高いので、個人でカスタムするなら最高の1台ですが、商用利用を考えるなら他の車両がおすすめです。

画像引用元:https://www.honda.co.jp/SUPERCUB/business/type/

その他

その他には燃費性能に優れたスズキバーディー50や、ミニカー仕様のジャイロキャノピーミニカーやジャイロUPミニカーなどがあります。宅配バイクの多くは125ccにも劣らない機能性があり、安定性を重視した乗り心地のいい車両が多いので、楽しく快適な運転ができます。


・GEARギア(ヤマハ):新車は約21万円、中古車は約10万円~15万円
・GYROCANOPY ジャイロキャノピー(ホンダ):新車は車両のみで約57万円、中古車両でも35~45万円
・GYROX ジャイロX(ホンダ):新車は約36万円で、中古は15万円~25万円
・BENRY ベンリィ(ホンダ):新車は約26万円で、中古は15万円~20万円
・CUB カブ(ホンダ):新車は約23万円で、中古は15万円~20万円

デリバリー・宅配バイクをレンタルするまでの流れ!


デリバリー・宅配バイクをレンタルするまでの流れ!
ここでは宅配バイクをレンタルするまでの流れを解説します。メールや電話、FAXから簡単に問い合わせをすることができます。問い合わせをしたらまずは、希望日の車種と日程を伝えます。

その後スタッフとバイクレンタルに関する希望台数と期間、届け先や注意事項の説明など様々な打ち合わせをします。打ち合わせ後、注文請書や請求書が送られてくるので、記入した後、郵送またはFAXで業者に送ります。

注文請書の確認ができたら前金の支払いを済ませます。入金確認後に納車日の打ち合わせをして、打ち合わせで決めた住所と日時にレンタルバイクを納車します。

最後に貸渡書にサインをして、レンタルバイクの利用を開始できます。オプションを付けたい場合は、打ち合わせで相談することで付けることが可能です。以上が問い合わせをしてから宅配バイクをレンタルするまでの流れになります。


・メールやFAXで問い合わせ
・希望台数と期間、届け先などの打ち合わせ
・注文請書が確認できたら前金の支払い
・打ち合わせで決めた住所と日時にレンタルバイクを納車
・貸渡書にサインをして、レンタルバイクの利用を開始できる

デリバリー・宅配用バイクのレンタルサービス選びのポイント


デリバリー・宅配用バイクのレンタルサービス選びのポイント
レンタルバイクには業者によって保証対応、加入保険の内容、オプションなど様々なサービスが異なります。
加入保険内容が手薄で多額の請求が来てしまったり、返却時に貸し出し車両の修繕費などで高額請求されたなんて事のないようにチェックして、価格の相場はいくらかなども知っておきましょう。

保険と保証

保険は自動車やバイクを使用する際、全ての人に加入が義務付けられている自賠責保険と、自賠責保険ではカバーできない部分は任意保険に加入するのが一般的です。
任意保険は加入していても賠償額の設定が低くカバーできないケースもあるのでしっかりと確認しましょう。

また、保証の有無も重要です。
保険の加入と違い貸出車両の自損や盗難については保険は適用されないので、保険も保証も充実している業者を選びましょう。

料金

料金は、GEAR ギア月額15,000円~20,000円、GYROCANOPY ジャイロキャノピー月額25,000円~30,000円、GYROX ジャイロX月額24,000円~26,000円、BENRY ベンリィ月額20,000円~25,000円がおおよその料金相場になります。

業者によって1日からレンタルができたり、3ヶ月以上からレンタルができたりするので、レンタルできる期間とその料金は確認するようにしましょう。レンタル料とは別で、納車料、付属品などの料金がかかります。

対応エリア

全国対応している業者もあれば地域密着型の業者もあります。全国展開している業者は規模が大きいので、レンタル料が安いなどのメリットがありますが、地域密着型の業者であれば迅速な対応と、地域の飲食店についての知識があります。

そもそもレンタルしようとしたのに自分の地域は対応していないということもありえるので、一度対応エリアのチェックはするようにしましょう。

サービス・オプション内容

サービスやオプションは、主にデリバリーボックスがあります。サイズは豊富なのでバイクに合わせたボックスを選択できます。出前機のレンタルもできます。

他には、任意保険、車両輸送、デリバリーストア作成、SNSアカウントの作成などのオプションがあります。デリバリーストア作成の依頼をすれば、レンタルバイクと合わせて、注文できるアプリの作成も合わせて行うので、1社に依頼をするだけでフードデリバリーができるようになります。


・保証対応
・料金
・対応エリア
・サービス、オプション内容

まとめ


今回はフードデリバリーの市場や、レンタルバイクについて紹介しました。フードデリバリーは、スマホの普及に伴い今後も市場を伸ばしていきます。フードデリバリーを利用することで、利益を何倍にも伸ばした飲食店があり、バイクレンタルを利用すれば簡単に導入できるので、一度導入の検討をしてみてください。

バイクを導入するにはレンタル、購入、リースの3種類がありますが、レンタルであれば電話一本で、最短1日で導入することができます。また保険や定期メンテナンスを込みで、まとめて固定費で払うことができます。

オプションを付ければ飲食店に合ったデリバリーバイクや、デリバリーボックスの利用ができます。ぜひこのサイトを参考にデリバリーバイクの導入を検討してみてください。

 

記事一覧

ウーバーイーツの配達は、デリバリーバイクを使用するのもおすすめです。自転車よりも早く配達ができるため、効率がよいです。 デリバリーバイクは購入もできますが、レンタルもできるのをご存知でしょう ・・・[続きを読む]
これからフードデリバリーを始める予定の方で、バイクレンタルを検討している方は多いのではないでしょうか。バイクは購入もできますが、レンタルの方がおすすめです。 デリバリーバイクをレンタルする際 ・・・[続きを読む]
近年、フードデリバリーサービスの需要が急増していますが、配達を始めるには、まずバイクが必要です。そこで悩むのが、配達バイクはレンタルと購入どちらを選ぶべきかという点です。本記事では、それぞれ ・・・[続きを読む]
近年、フードデリバリーや物販配達など、デリバリーサービスが急速に普及しています。しかし、いざ始めようとしても、バイクの購入費用や維持費、レンタル費用など、気になる費用面がネックになっている方 ・・・[続きを読む]
既存の飲食店がデリバリーサービスを始めるためには、準備と流れが重要です。メニューの選定やデリバリー方法の検討、そして配達員の手配など、様々な段階を踏む必要があります。この記事では、具体的な準 ・・・[続きを読む]
ガソリンバイクと電動バイク、どちらが良いか気になりますよね。今回はそれぞれのランニングコストや走行距離、そしてメンテナンスの観点から比較してみました。そして、デリバリーバイクにおいては、どち ・・・[続きを読む]
デリバリーバイクのサブスクリプションは便利な選択肢ですが、費用や注意点を把握することが重要です。この記事では、デリバリーバイクのサブスクリプションの仕組みと利点について解説します。さらに、サ ・・・[続きを読む]
普段からデリバリーバイクを使用するにあたって、年間維持費は避けられないものです。そこでこの記事では、実際の維持費の内訳や点検・修理の必要性、保険料などについて詳しく紹介します。さらに、効果的 ・・・[続きを読む]
電気バイクに乗るメリットを享受しながら、補助金も手に入れられるのをご存知でしょうか?本記事では、EVバイクの補助金事情についてくわしく解説します。補助金の種類や申請方法など、あなたの財布に優 ・・・[続きを読む]
日常生活を豊かにしてくれるデリバリー、利用する側だと家から出ずに注文ができ、外の出かける準備しなくて済みます。出かける時間が浮くので、ほかのことができて効率がよくなりますが、配達する側になっ ・・・[続きを読む]