東京でデリバリー・宅配用バイクをレンタルするならココ!保証・サポート内容も手厚いおすすめのサービスを紹介します!

既存の飲食店がデリバリーサービスを始めるための準備や流れとは?

公開日:2024/05/15


既存の飲食店がデリバリーサービスを始めるためには、準備と流れが重要です。メニューの選定やデリバリー方法の検討、そして配達員の手配など、様々な段階を踏む必要があります。この記事では、具体的な準備やステップを解説し、飲食店がスムーズにデリバリーサービスを始めるためのポイントを探ります。

飲食店がデリバリーサービスを始めるメリットとデメリット

飲食店がデリバリーサービスを始めることには、多くのメリットとデメリットがあります。

まず、メリットとして、新規顧客の獲得が挙げられます。デリバリーサービスを導入することで、地域外からの顧客や忙しい家庭など、従来の来店客に加えて新たな顧客層を開拓することができます。

また、来店減少時の売上確保も重要なポイントです。とくに天候やイベントなどで来店が減少する際、デリバリーサービスがあれば外出しなくても商品を提供でき、売上を維持することができます。

一方で、デメリットも考えなければなりません。

まず、料理の質向上の必要性が挙げられます。デリバリーサービスでは、持ち帰りや店内での飲食とは異なり、料理の温度や風味が変化する可能性があります。そのため、料理の質を保つためには様々な工夫や改善が必要です。

また、店内の雰囲気を活かせない可能性も考慮すべき点です。飲食店の雰囲気やサービス体験が顧客の満足度に大きく影響する中、デリバリーサービスではその要素を提供することが難しくなります。

さらに、配達業務を外部に委託した場合、デリバリーサービス業者の対応によるトラブルが発生する可能性もあります。配達の遅延や注文の誤りなど、外部業者のサービス品質によって顧客の不満やクレームが生じる可能性があることもデメリットです。

これらのメリットとデメリットを考慮し、飲食店がデリバリーサービスを導入する際には、慎重な計画と適切な対策が必要です。顧客のニーズや競合店の動向を十分に把握し、自店舗の特性に合ったデリバリーサービスの運営を行うことが成功のポイントとなります。

デリバリーを始めるための準備や流れ

飲食店がデリバリーサービスを始める際には、様々な準備と流れが必要です。以下に、具体的な手順を紹介します。

デリバリー方法の選定

自前で配達するか、デリバリー代行サービスを利用するかを決定します。それぞれの方法にはメリット・デメリットがあり、事前に検討が必要です。たとえば、自前で配達する場合は、配達手数料などがかからない代わりに、人件費が増加するでしょう。

また、デリバリー代行サービスを利用する場合は、多くの注文を受けることが可能になるため、売上アップが見込めます。一方で手数料がかかったり、デリバリー代行サービスの質が悪いとクレームが発生し、その対応が必要になります。

メニューの設定

人気メニューをテイクアウト可能にする他、デリバリー限定メニューの開発や短時間で調理可能なメニューの選定が不可欠です。

また、デリバリー代行サービスを利用する場合は、手数料を考慮した価格設定が必要です。競合店や顧客の予算に合わせて適切な価格設定を行いましょう。

容器の選定

顧客満足度を高めるために、電子レンジ対応や液体がこぼれにくい容器を選ぶことが重要です。また、メニューに応じた仕切り数なども考慮します。

また、衛生面の検討も必要です。食中毒防止や消費者への注意喚起、調理従事者の体調管理など、衛生面にも十分な配慮が必要です。顧客の安全と信頼を確保するために欠かせません。

デリバリー許可や届出の確認

飲食店の営業許可証の有無や、提供するメニューによっては新たな許可が必要な場合もあります。地域の規制や法令を遵守するために、許可や届出の確認を怠らないようにしましょう。

デリバリーサービスの導入は新たな経営戦略として有効ですが、十分な準備と確認が必要です。事前の計画と対策を行うことで、スムーズなデリバリーサービスの運営が可能となります。

デリバリーバイクレンタル業者の利用がおすすめ

飲食店がデリバリーサービスを始める際、デリバリーバイクの導入は重要な要素です。しかし、自社でバイクを用意すると高額な初期費用や維持費がかかります。

そこで、デリバリーバイクレンタル業者の利用がおすすめです。バイクをレンタルすることで、高額な初期費用を抑え、飲食店はレンタル料の支払いだけで済むため、資金の負担を軽減できます。

また、バイクの維持管理が不要な点もレンタルがおすすめな理由です。レンタル業者がバイクの保険やメンテナンスを担当するため、維持管理にかかる手間や費用がかからず、飲食店は運用に集中しやすくなります。

そして、レンタル契約期間や車種の変更など、柔軟な対応が可能なため、需要の変動や成長に合わせて、バイクの増減や更新が容易です。

さらに、バイクレンタル業者によっては、バイクレンタル以外にも、注文受付や配達業務などのデリバリーに関するサービスも提供しているため、的確なサポートを受けられるでしょう。

レンタル料の支払いや、業者によってバイクの利用に制約がかかることがデメリットとしてあげられますが、適切なレンタル業者を選ぶことで、それ以上のメリットを受けることができるため、デリバリーバイクレンタル業者の利用をおすすめします。

まとめ

既存の飲食店がデリバリーサービスを始める準備や流れは多岐にわたりますが、慎重な計画と適切な対策を講じれば、スムーズな運営が可能です。

また、デリバリーバイクレンタル業者の利用は、初期費用や維持管理の負担を軽減し、柔軟な対応ができるというメリットがあります。適切なパートナーを選ぶことで、安心してデリバリーサービスを展開できるためおすすめです。

【東京】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

イメージ
会社名ワンデリーHondaのお仕事用サブスクテイトレンタルシステム(帝都産業株式会社)ジャパンデリバリーサービスレスコムFPバイクレンタル
特徴テイクアウトの注文が簡単にできるストア作成が可能保険・メンテナンス込みで安心サポート環境配慮型のバイクで環境負担の軽減を推進している保険料や保守整備費はレンタル代に含まれているのでお得必要なときに電話1本で車両が届く簡単納車システム3ヶ月分を一括支払いで1か月目から付属品と納車料が無料
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
エリア別おすすめバイクレンタル業者