東京でデリバリー・宅配用バイクをレンタルするならココ!保証・サポート内容も手厚いおすすめのサービスを紹介します!

飲食店のデリバリーサービスで売上を増やすたった3つの方法とは?

公開日:2021/04/01

デリバリーサービスで競合に打ち勝ち売り上げを増やすには、拡散力が大切となるでしょう。情報があふれている現代において、競合も多い飲食デリバリーで他と差をつけるには、ターゲット層にリーチさせる力が必要です。そこで今回の記事では、SNSで拡散する方法、店舗でファンに告知する方法、ポスティングで周知してもらう方法を解説します。

SNSなどで宣伝する

現代では「どこかへ行きたい、何か食べたい、よいお店はないか?」と思ったときに、SNSで検索することが多くなりましたよね。数年前まではGoogle検索が主流でしたが、近年では「タグる」という言葉が生まれており、ハッシュタグ検索が常識となりつつあるようです。Googleでは正確な店舗情報が得られるのに対し、SNSではリアルな口コミが見られるため、店舗を選ぶ際に参考にしやすいといわれています。

この時代の変化を利用して、近年ではSNSで宣伝する店舗が増えています。しかし、ただお店のメニューや情報を発信しているだけでは、既存の固定客にしか届きません。SNSの一番のメリットは「拡散力」にあります。SNSの性質を利用して、「拡散される」ことを意図的に起こすことができるのです。「拡散される方法」を知っているかいないかで、SNSを活用する店舗に大きな差ができます。

SNSで成功するにはまず、店舗のアカウントが有益なアカウントであると認識されることが必要です。たとえば、規則正しく毎日夜19時に情報配信したり、投稿した情報が多くの人に「いいね」や「保存」されたりすると優秀なアカウントとして認知されます。アカウントの情報が有益だと認識されると、多くの人のおすすめ画面に表示されやすくなり、知ってもらうきっかけになるでしょう。

また、ハッシュタグで検索してもらえるような工夫や、ファンがお店をSNSで発信したくなるようなキャンペーンなども取り入れることで、コストを抑えて拡散を狙えます。

メリット
・拡散力が高い
・拡散スピードが速い
・利用客が口コミを投稿してくれる
・新規客にも発見されやすい

デメリット
・戦略的に利用するほど効果が高いため専門知識が必要
・プロに依頼する場合はコストがかかる
・口コミを投稿しやすい性質上、悪い評価をされることもある

店舗で告知する

店舗で告知することで、コアなファンやリピーターの獲得につながります。また、イートインだけでなくデリバリーを利用してもらう可能性が広がり、売り上げアップが期待できるでしょう。店頭で告知する場合は卓上POPやポスター、テイクアウトメニュー表などを作成することで告知できます。拡散力は低いですが、店舗経営を支えるコアなファンを作りやすく、低コストですぐに取り入れることができることがメリットです。

しかし、店舗に来た人にしか見てもらえないため、拡散力は見込めません。クーポンやキャンペーンなどを併用し、コアなファンによる口コミで拡散を狙うのもよいでしょう。

メリット
・デリバリーサービスの周知になる
・コアなファンが増える
・店舗利用だけではなく、デリバリーを利用してもらうことで、売り上げアップにつながる

デメリット
・新規客の獲得にはつながりにくい
・拡散力が低い

ポスティングで集客する

最後に、ポスティングでの集客方法を紹介します。デリバリーサービスではポスティングも相性がよい集客方法です。店舗周辺の配達可能な地域に的を絞って告知できるため、近所でデリバリーサービスがあることを知ってもらえます。しかし、ポスティングチラシは他のチラシに紛れて見てもらえない可能性もあり、時間とコスト、労力がかかってしまうでしょう。

ポスティング広告を行う場合は、目に止まるチラシのデザインと、利用したくなる内容を構成することが必要です。ビジネスを成功させるには、「いかに役に立つサービスを提供できるか?」でしょう。飲食店やデリバリーサービスは既に数多く存在し、競合の多いジャンルですよね。とくに、まだ軌道に乗っていないサービス開始すぐは、ファンやリピーターが少ない状況です。

ファンが少ない、これから顧客を増やして売り上げ増加を目指したい場合は、競合との差別化を図るためにも「役に立つ」サービスを意識するとよいでしょう。たとえば、デリバリーサービスの魅力のひとつは「手軽さ」ですよね。仕事や家事育児で忙しい現代人にとって、注文ひとつで食事が届くサービスはとても役に立ちます。仕事が忙しく食事をつくる余裕がない人にとっても、デリバリーサービスは喜ばれるサービスです。

また、足腰が弱く自分で店舗まで歩けない高齢者にとっても喜ばれます。ポスティングで広告を出す際には、ターゲット層の悩みが解決できることを意識し、魅力的なメニューやサービスを出してみてはいかがでしょう。

メリット
・範囲を特定して集客できる
・新規客獲得につながりやすい

デメリット
・コストがかかる
・見てもらえない可能性もある
・時間や労力がかかる

 

デリバリーサービスで売り上げを増やすためには、今回紹介したSNS告知、店舗告知、ポスティングの3つの方法を使い分けるとよいですね。それぞれの特性を理解して目的に合わせて選ぶことで、売り上げアップの効果が期待できます。飲食店のデリバリーサービスを成功させるために、参考としてみてください。

【東京】おすすめのデリバリーバイクレンタルサービス

イメージ
会社名ワンデリーHondaのお仕事用サブスクテイトレンタルシステム(帝都産業株式会社)ジャパンデリバリーサービスレスコムFPバイクレンタル
特徴テイクアウトの注文が簡単にできるストア作成が可能保険・メンテナンス込みで安心サポート環境配慮型のバイクで環境負担の軽減を推進している保険料や保守整備費はレンタル代に含まれているのでお得必要なときに電話1本で車両が届く簡単納車システム3ヶ月分を一括支払いで1か月目から付属品と納車料が無料
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
宅配バイクレンタルコラム